病院概要

HOME | 病院概要 | ごあいさつ

ごあいさつ

理事長挨拶

宮地病院 理事長 宮地 千尋

宮地病院 理事長

宮地 千尋

 私たちは創立以来60年余にわたり、患者様の立場に立った心のこもった医療と温かい介護を提供することを基本理念とし、地域の医療と福祉の連携に力を注いで参りました。宮地病院、本山リハビリ病院、在宅支援部門を中心に急性期(二次救急を担う地域一般病棟)、回復期(地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟)慢性期(医療療養病棟、障害者病棟)そして在宅支援まで継続したケアを提供しています。さらには老人保健施設や関連福祉施設、サービス付き高齢者向け住宅での介護、生活支援、看取りまで連携した医療・福祉サービスを行なっております。また、地域の診療所や病院と医療機能を分担、連携し地域の医療・介護力向上に努めています。

 2018~2020年までの中期計画のビジョンは、医療法人明倫会は「そのひとらしく生きる」を支えるです。2020年度の行動スローガン「NEXT STAGE!」を掲げ、職員一同 力を合わせて目標に向かって 一歩ずつ進みたいと思います。

 

 2020年の重点課題は以下の通りです。

(1)医療から住まいまで「地域でその人らしく生きる」を支える(ホスピタウン構想1)
医療のバックアップがある施設、住宅を含む包摂的ケアのできる小さい街、ホスピタウンを構築する。

(2)地域の課題解決を通して街づくりに参加する(ホスピタウン構想2)

(3)災害、感染症に負けない施設づくりを目指す

(4)認知症疾患医療センター、物忘れ外来、重度認知症デイケアに加え、ユマニチュードの導入により認知症のケアと家族の支援に注力する

(5)リハビリの質の向上、地域リハビリテーションの推進、地域の予防リハ、情報発信により地域のリハビリのハブ機能を果たす

 

 2019年2月に開設した当法人関連のサービス付き高齢者向け住宅「潮騒の家」は、入院、施設入所の狭間を埋めて「その人らしく生きる」を支える地域の家のとして根付きつつあります。

 「施設から外へ!脱病院!」をさらに推進していきます。多職種でご利用者様、地域住民の皆様のもとへ出かけており、出張健康講座、認知症カフェ、地域防災活動、地域のお祭りなどを通してコミュニティとの交流を深めています。興味のある方 是非 ご協力ください。

 

医療法人明倫会理事長、宮地病院院長
宮地 千尋

 

宮地 千尋(みやじ ちひろ) 略歴

和暦 概要
昭和54年3月 神戸大学医学部 卒業
昭和58年3月 神戸大学大学院(内科学系) 修了
平成14年9月 医療法人明倫会 宮地病院院長
平成23年10月 医療法人明倫会 理事長

 

兵庫県医師会理事

全日本病院協会理事

専門医資格等
日本医学放射線学会専門医
日本内科学会認定医
日本消化器病学会認定医
日本消化器内視鏡学会指導医

続きを読む