部門・施設紹介

HOME | 部門・施設紹介 | 診療部 | 栄養科 | 栄養科の業務

栄養科の業務

宮地病院の栄養科では、下記の6つの大きな業務をしています。

1.入院

①栄養管理・栄養指導

入院患者様ひとりひとりに担当管理栄養士がつき、ベッドサイドへ行って栄養ケアを行います。昼食時にはミールラウンドを実施しています。

②チーム医療

NST、褥瘡回診、ICT、STとの嚥下ラウンドなど

③給食

厨房スタッフが病棟訪問を行い患者様と交流しています。安全でおいしく病気の治癒に貢献できる食事の提供に日々努めています。

2.外来

①栄養指導

患者様の病態と人生に配慮しながら栄養教育を行い、食事療法をサポートしています。

②集団教室

糖尿病教室(年6回奇数月)、減塩教室・脂質異常症教室(不定期)

③特定保健指導

健診・人間ドックなど1次予防に努める健康サポート室と協力して、特定保健指導を実施しています。

3.訪問

神戸市東灘区で在宅訪問を行う管理栄養士として2012年度から活動しています。医師の指示の元、外来通院が困難な介護認定のある患者様のお宅に、居宅療養管理指導を利用して介入します。地域の個人医院からの指示でも介入しています。

4.地域支援

出張健康講座、ハッピー健康団、さんさんダイエット教室、お食事チェック診断など、住民の皆様の健康づくりに積極的に取り組んでいます。

5.保育

保育所「キッズクラブもとやま」が2006年度に開園してから、栄養科は食事提供や食育を通じて協力しています。社会的にも関心の高い待機児童問題の一助にと2015年度から「キッズクラブ本山南」、2017年度から「キッズルームころねん」が開園され、栄養科は合計3ヶ所の保育所の食事提供と子供達の健やかな発育を見守る栄養管理を実施しています。

6.デイケア

2018年7月からオープンした重度認知症デイケア「つくし」に食事を提供しています。定期的に食事レクリエーションも実施しています。
また、4階のリハビリデイ「リハビリスタジオM」でも希望者の方々に食事を提供しています。

栄養科のページへ戻る