部門・施設紹介

HOME | 部門・施設紹介 | 診療部 | リハビリテーション科 | 入院リハビリテーション

入院リハビリテーション

入院リハビリテーションとは?

病気やケガなどにより、入院が必要と判断された場合に、その方の状態に応じて医師の指示のもとリハビリテーションを行います。他院からの紹介により入院の受け入れも行っております。

入院でリハビリテーションを受けている方の一例

  • 脳梗塞後遺症、脳出血後遺症、くも膜下出血後遺症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、進行性核上性麻痺などの脳や、脊髄、神経、筋に起因する疾患。
  • 大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折、上腕骨骨折、橈骨遠位端骨折、肩関節周囲炎、肩板損傷、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症などの整形外科の疾患、手術後。
  • 慢性閉塞性肺疾患、肺炎などの呼吸器の疾患など。
  • また、摂食嚥下障害や聴覚言語機能に障害のある方。
  • これらにより入院生活が必要となった方。

 理学療法士の求人はこちら

 作業療法士の求人はこちら

 言語聴覚士の求人はこちら

リハビリテーション科のページへ戻る