部門・施設紹介

HOME | 部門・施設紹介 | 看護部

看護部

 救急から在宅支援・看取りまでを行い地域の医療福祉を支える、宮地病院の看護部をご紹介いたします。

 

看護部長ご挨拶

看護部長

中川 裕美子

いつでも、どこでも、どなたにも
心のこもった看護を

 医療法人明倫会 宮地病院は、急性期医療を担う一般病棟と医療療養病棟を有し、地域の診療所や病院と医療機能を分担・連携して、救急から在宅支援、看取りまでを行い地域の医療・介護の充実に努めています。

 医療や看護の提供にあたっては、多職種(医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語療法士・医療ソーシャルワーカー・介護職員)のチームで総合的支援を行っています。

 看護部は、少子高齢化が進展し認知症患者の増加が見込まれている社会において、「いつでも、どこでも、どなたにも心のこもった看護を」モットーとして、住み慣れた地域でその人らしい生活が送れるように看護を実践しています。

 また、全職種で「働きやすい職場作り」に取り組んでおり、看護部もコミュニケーションを大切にして、笑顔で働ける職場づくりをしています。個人のワークライフバランスにも配慮し、仕事と育児等の両立ができるよう様々な働き方を可能としています。

看護部の理念

創造性豊かな人間性と専門性を駆使した看護・介護を提供する。

看護部の基本方針

  1. 病院の目的、使命を理解し、看護・介護の専門性を発揮し、常に相手の立場に立って親切、公平、迅速に個々のニーズに応じた看護、介護を提供する。
  2. 医療チームの一員として他部門との信頼関係を保ち、安全性、経済性を基盤として共働する。
  3. 宮地病院の看護師、看護補助者として誇りを持ち、心身の健康保持増進に努め、自己能力の開発に努力する。
  4. 看護・介護の本質を追及し、科学的、創造的で主体性のある看護活動を目指し、臨床の場が教育の場である事を認識して行動する。
  5. 医学の進歩、医療を取り巻く社会情勢の動向に関心を持ち看護、介護の教育、研究を推進する。
  6. 倫理的感受性を高め、倫理的判断を行う。

継続教育について

教育理念

看護職員一人ひとりの人としての成長と、専門職業人としての能力開発を行う。

集合研修

  • 入職時研修
  • 専門的な知識とスキルの研修
  • 医療安全研修
  • 院内感染研修
  • TQMに関する研修
  • 役職(看護師長、主任、副主任)研修

各部署単位でのOJT

  • 入職時研修
  • 専門的な知識とスキルの研修

院外研修

  • 日本看護協会、兵庫県看護協会での研修
  • 各種関連学会の研修
  • 院内、院外での実践発表
  • 他病院・施設での研修

働きやすい職場環境

 20代から50代まで様々な年代の看護師が揃い、病棟内での問題や突然の出来事にもみんなで協力して解決していける職場風土があります。育休後の復帰率も高く、雇用形態の相談や保育所を活用しながら家庭と仕事の両立をしている看護師も多くおり、働きやすい職場環境です(詳しくはこちら)。

 

一緒に働いていただける、看護師の方は、こちらをご確認ください。