病院概要

HOME | 病院概要 | 取り組み | 認定・賞

認定・賞

病院機能評価 認定病院 (平成29年12月更新)

病院機能評価認定証

この度、公益財団法人 日本医療機能評価機構の病院機能評価における本体審査の結果、リハビリテーション病院機能と認められ平成29年11月10日付で認定証が交付されました。今後も、地域に根ざしたリハビリテーション病院として、より良いサービスの提供を目指して参ります。

病院機能評価 認定病院とは

病院機能評価認定証

我が国の病院を対象に、組織全体の運営管理および提供される医療について、日本医療機能評価機構が中立的、科学的・専門的な見地から評価を行うツールです。認定された病院は、地域に根ざし、安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、日常的に努力している病院として評価されています。

回復期セラピストマネージャー取得(平成31年1月更新)

一般社団法人回復期リハビリテーション協会が主催する認定コース(6日×3回 計120時間)を受講し、最終日に行われる認定試験に合格するといただける認定です。
セラピストマネージャーは現在、全国に370名ほどしか認定者がいなく希少な称号となっています。

この度は当院よりリハビリテーション科 主任 玉置 和弘さんが合格をいたしました。

認知症ケア専門士取得(平成30年1月更新)

「認知症ケア専門士」とは認知症ケアに対する優れた学識と高度の技能、および倫理観を備えた専門技術士を養成し、認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的として設立された 一般社団法人日本認知症ケア学会認定の資格です。
当院リハビリテーション科のスタッフ2名が取得いたしました。

認定理学療法士取得(平成29年10月更新)

日本理学療法士協会が自らの専門性を高め、良質なサービスを提供する臨床能力を備え、理学療法の学問的発展に寄与する研究能力を高めていくことを目的とした専門・認定理学療法士制度があります。 当院リハビリテーション科 理学療法士 喜田直樹が認定理学療法士(地域理学療法)を取得いたしました。

福祉用具プランナー取得(平成29年10月更新)

福祉用具を必要とする高齢者や障害者に対し、必要な福祉用具の選択を援助、適切な使用計画を策定、利用の支援及び適用状況をモニター・評価まで行うことができる専門家のこと。公益財団法人テクノエイド協会が認定する民間の資格です。
当院リハビリテーション科 理学療法士 岡本祥吾、理学療法士 髙木啓介が資格を取得いたしました。

国際PNF協会 PNFベーシックコース・アドバンスコース修了

PNFは1940年代に医師Herman Kabatと、理学療法士Maggie Knottによってアメリカで開発され、ポリオなど麻痺の治療に用いられる手技です。
この度、当院リハビリテーション科 理学療法士 安宅理子が両コースを修了致しました。

福祉用具プランナー取得

福祉用具を必要とする高齢者や障害者に対し、必要な福祉用具の選択を援助、適切な使用計画を策定、利用の支援及び適用状況をモニター・評価まで行うことができる専門家のこと。公益財団法人テクノエイド協会が認定する民間の資格です。
当院リハビリテーション科 作業療法士 井本浩史、理学療法士 岡本祥吾、理学療法士 髙木啓介が資格を取得いたしました。

認定理学療法士取得

認定理学療法士取得

日本理学療法士協会が自らの専門性を高め、良質なサービスを提供する臨床能力を備え、理学療法の学問的発展に寄与する研究能力を高めていくことを目的とした専門・認定理学療法士制度があります。
当院リハビリテーション科 理学療法士 喜田直樹が認定理学療法士(管理・運営)を取得いたしました。

第3期回復期セラピストマネージャーに合格

当院のセラピストが第3期回復期セラピストマネージャーに合格しました!

回復期セラピストマネージャーとは

一般社団法人回復期リハビリテーション協会が主催する認定コース(6日×3回 計120時間)を受講し、最終日に行われる認定試験に合格するといただける認定です。
セラピストマネージャーは現在、全国に370名ほどしか認定者がいなく希少な称号となっています。

この度は第3期生として当院よりリハビリテーション科 科長 喜田 直樹さんが無事合格をいたしました。
今後もセラピストマネージャーを中心に質の高い回復期病棟の運営が行うための職員教育やリスクマネジメント、組織マネジメントを行っていきます。

日本リハビリテーション医学会より、研修施設として認定を頂きました!

認定期間は2019年4月1日~2024年3月31日となっております。
今後も地域に貢献できるよう、リハビリテーション医学に貢献できればと考えております。