部門紹介

HOME | 病棟・部門紹介 | 薬剤科

薬剤科

理念

患者さまの立場に立ち、患者さま一人一人に適した薬物療法の提供を目指します。

基本方針

  • 医薬品の適正使用に努めます。
  • 患者さまへの服薬指導を通して安心と安全を提供します。
  • チーム医療の一員として職能を活かしより良い医療へ貢献します。
  • 薬の専門職としての自覚を持ち、常に新しい知識や技術の習得に努めます。

業務内容

1.調剤業務

処方された薬の内容確認(用法・用量、服用期間、副作用、飲み合わせや重複などのチェック)を行い、患者さま1人1人に適した形で調剤を行います。

2.品質管理業務

患者さまに良質な状態で医薬品をお渡しできるよう、温度管理・湿度管理・使用期限等に十分注意を払い管理を行っています。

3.病棟業務

患者さまのベッドサイドまで伺い薬の説明や質問にお答えします。お薬を適正に使用するために患者さまの身体状態、生活習慣、嗜好品、アレルギーや病歴などを把握しお薬の飲み合わせ等を主治医へ提案しています。

4.チーム医療への参加

①安全管理委員会

安全に患者さまがお薬を使用できるよう、誤薬投与防止の対策提案を行っています。また厚労省から医薬品に関する情報があった場合は病院スタッフへ情報提供を行っています。

②栄養サポートチーム(NST)

患者さまの栄養状態を確認し、適した輸液の投与設計を行い、提案を行っています。

③感染制御チーム(ICT)

院内における抗生剤使用量の把握を行い適正使用の啓発や耐性菌の出現防止に努めています。また感染防止対策をチームで検討し院内感染拡大の予防に努めています。

5.地域支援活動

病院主催の糖尿病教室、介護予防講座、出張健康講座などに参加し、入院患者さまだけではなく地域の方々にお薬や健康についての情報抵抗を行っております。