経鼻挿入による上部内視鏡検査について

上部消化器内視鏡検査は重要な検査ですが、どうしても「苦しいもの」という意識から「受けたくない検査」と考えられる患者様も多いと思います。
内視鏡挿入部の細径化により、検査時の苦痛は軽減されていますが、
咽頭反射に関しては不十分なのが現実です。
そこで当院では、苦痛が少ない方法として経鼻的に内視鏡検査を行っております。

具体的にいいますと、口から胃カメラを入れないで鼻の穴から入れるということです。

カメラの先端部が4.9ミリ、挿入部径が5.2ミリという細さです。(うどんより細い?)

鼻の穴からスコープを入れることによって、咽頭反射が少なくなり、苦痛もなく楽に検査を受けることができます。

胃カメラを検査してみたいが不安な方など一度ご相談ください。

一番上は、色鉛筆(赤色)
中央が、経鼻用胃カメラ
一番下は、通常の胃カメラです。



医療法人明倫会 宮地病院
←メールはこちらから
miyaji-hp@ksn.biglobe.ne.jp

〒658-0016
神戸市東灘区本山中町4-1-8
TEL:078-451-1221
FAX:078-431-0080