昭和37年、初代院長 宮地知男は、当時病床過疎の状況にあった東灘区に地域医療の一翼を担うべく、地域の診療所との緊密な連携、地域の二次医療(入院を必要とする医療)の担当、および神戸地区における消化器専門病院としての機能を果たすことを目標にして宮地病院を設立しました。昭和38年、兵庫県下でいち早く内視鏡検査室を設置し胃癌の早期診断に注力するとともに、増床・改築を重ね平成1年には200床の一般病院となりました。平成7年阪神・淡路大震災で当院は全壊しやむなく休院し、約190名いた職員は離散しました。地域住民、旧職員ならびに各界のご支援により、2年を経て平成9年に新病院を再建することができました。新病院は、震災後の東灘区で不足していると考えられた高齢者の入院医療、医療・福祉連携および在宅支援を重要な目的としました。


1954年1月 故宮地知男が神戸市東灘区本山中町4−1−8に甲南診療所を開設する。
1959年 15床の有床診療所となる。
1962年5月 宮地病院を開設(64床)
1967年 看護宿舎「梓寮」を病院の西隣に設立。
1970年 新館(西側)を増設し156床となる。
1979年  医療法人明倫会を設立。
1989年  新館(東側)を増設、全館改築し200床となる。
1992年12月 訪問看護センターを開設。
1995年1月  阪神・淡路大震災により病院、看護婦寮全壊。
1995年3月 旧病院の北側駐車場に宮地クリニックを開設。
1996年3月  デイケア・センターを開設。
1997年4月  新・宮地病院を設立・開院(158床)。
1998年 医療福祉建築賞受賞。
1998年4月 介護老人保健施設 あずさ(52床)を開設。
1999年4月  在宅介護支援センター フェニックスを開設。
2000年4月 居宅介護支援事業所 ヘルパーステーションもとやまを開設。
2001年8月 社会福祉法人明倫福祉会  介護老人福祉施設  ぽー愛を開設。
2002年9月 日本医療機能評価機構 (複合病院A) 認定取得。
2002年9月 初代理事長・院長 宮地知男死去宮地民子が理事長に就任。
宮地千尋が院長に就任。
2004年4月 医療療養型病棟57床を回復期リハビリテーション病棟に変更、受理。
介護型療養病棟12床を廃止、医療療養型に変更。亜急性病床8床届出。
2005年8月 総合リハビリテーション施設B認定取得。
2005年10月 特殊疾患療養管理加算を算定。
2006年4月 フェニックスあんしんすこやかセンター開設。
言語聴覚法(T)届出、受理。
2006年9月 オーダリング導入。
2007年3月 高齢者総合福祉施設 愛しや開設。
2007年4月 電子カルテ導入
2007年10月 神戸男女いきいき事業所表彰。
2008年3月 病院機能評価更新認定。
2008年3月 働きやすい病院評価認定。
2009年4月 PACS導入。



医療法人明倫会 宮地病院
←メールはこちらから
miyaji-hp@ksn.biglobe.ne.jp

〒658-0016
神戸市東灘区本山中町4-1-8
TEL:078-451-1221
FAX:078-431-0080